ブログ ちば菜の花会

ちば菜の花会は千葉県全域の男女共同参画社会の実現を目指して、講演会・学習会、地域交流会、懇親会、会報発行などの活動を行っています。

「講演会&地域交流会in南房総市」御礼

一昨日の12月2日は寒いなか、県民提案事業「講演会&地域交流会in南房総市」にお越しくださいまして、ありがとうございました。

当日、本会の世話人はバスの時間変更などアクシデントに見舞われ、冷や汗をかく一幕もありながらも、なんとか、会場に無事たどり着き、滞りなく行うことができました。

これもひとえに、南房総市の職員の皆さま方がすっかり準備してくださったおかげです。
本当に助かりました。
事例報告や講演会も、楽しく学習できる内容で、ご来場の皆さんにもご満足いただけたのではと考えております。

ご来場の皆さま、会場となった南房総市の職員の皆さま方、千葉県の皆さま、お世話になりました。
取り急ぎ、あらためて感謝申し上げます。

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

12/2 講演会&地域交流会 in 南房総市 「地域で共に自立した消費者になるために」

毎年、千葉県内各地で行っている「講演会&地域交流会」。
今年は12月に南房総市において、県民提案事業として行います。
今回は、本会会員でもいらっしゃる弁護士の渥美雅子さんを講師としてお招きし、ご講演いただきます。
どうぞ、近隣のみなさま、お誘い合わせてお越しくださるようお願い申し上げます。

==========

消費に関する問題が生じないよう、相談することや地域市民が連携するこの大切さを理解し、消費者として被害にあわないための防止方法や自立することの大切さを学びましょう。

消費生活の安定および向上に向けた県民提案事業
消費と男女共同参画

講演会&地域交流会 in 南房総市 
地域で共に自立した消費者になるために


12_2koryu_in_minamiboso.png


日時 : 2017年12月2日(土)13:30~15:30(開場13:00)
会場 : とみうら元気倶楽部・さざなみホール(←クリックすると地図が表示されます)
第1部・事例報告
報告者 鬼形耕介さん(南房総市 消費生活相談員)
第2部・講演
講師 : 渥美雅子さん(弁護士)
定員 : 100 名  (入場無料)


問合せ先 : ちば菜の花会 TEL&FAX 047-451-9825
申込先 : 南房総市市民生活部 市民課市民協働グループ
TEL 0470-33-1005 FAX 0470-33-3451


主催:ちば菜の花会(男女共同参画を進める会) ・千葉県
共 催:南房総市


【渥美雅子さんプロフィール】
静岡県浜松市生まれ。1963年中央大学法学部卒業。
1966年より弁護士開業。弁護士活動の中でも家族、相続、D.V.(ドメスティック・バイオレンス)等の問題を
得意とし、人生相談の回答者として柔軟な考え方と歯切れの良い回答で人気を博している。
講演や執筆も多く、著書に「たそがれ法律相談」(講談社)、「子宮癌のおかげです」(工作舎)、「熟年のための法律入門」(岩波書店)他多数。
2003年から2011年まで「女性と仕事の未来館」館長、現在「NPO法人DV被害者支援活動促進のための基金」理事長、「NPO法人高齢社会をよくする女性の会」監事ほかを兼任。
2005年男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰。
プライベートでは、1997年11月渥美講談塾を開設。ボランティアで老人施設などに出前講談をしている。高座名は渥美右桜左桜(あつみ うおうさおう)。 
「ちば菜の花会」会員

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

講演会&地域交流会in南房総市が近づいてまいりました

日ごとに寒さが一段と厳しくなる今日のこの頃ですが、みなさまお元気でしょうか。

いよいよ「ちば菜の花会 後援会&地域交流会in南房総市」まで1週間足らずとなりました。

12/2 講演会&地域交流会 in 南房総市 「地域で共に自立した消費者になるために」


すでに準備もほぼ終わり、段取りについても確認がすみ、あとは当日を迎えるだけとなりました。
当日のスタッフとなる世話人は、おもに千葉県の首都圏に近いところに在住していることから、当日は高速バスを使って会場への行き帰りを行う予定です。

週間天気予報を見ると当日はお天気に恵まれそうとのことで、どうかこの先、この予報通りになることを祈ってやみません。
房総半島の南の突端近く、しかも海も近いので、半島の付け根に近い地域よりもだいぶ温かいのではないかと期待しているところですが、当日はどうでしょうか。

今年は、心なしか寒くなるのが早い気もいたします。
みなさま、どうかお体に気を付けてください。
当日、お元気な姿を拝見することを楽しみにしております。

ちば菜の花会交流会2017報告

11月に入り、少しお天気も落ち着いてきましたでしょうか。
10月は2度の台風の接近を含め週末のたびに雨が多く、日の光に恵まれない1か月でした。
気温も低めだったせいか、周囲でも風邪ひきが目立っています。
みなさん、お元気でしょうか。

今年もあっという間に残り少なくなってきました。
来月頭には南房総市での交流会を控えております。
これから寒さが厳しくなることと思いますが、体調維持に注意して準備をしたいと思います。

さて、遅くなりましたが、9月に行われた「ちば菜の花会交流会2017」の報告をいたしたいと思います。

ちば菜の花交流会2017

日時:2017年9月21日(木) 13:30~16:15
会場:千葉市消費生活センター(3階 研修講義室 実験実習室)    
講師:
第1部 宮内博道(千葉市消費生活センター消費者教育班主査)
第2部 杉本明行(ちば菜の花会世話人)
主催:ちば菜の花会     参加:32名

第1部:自立した消費者になるために

~消費者問題の現状と第3次千葉市消費生活基本計画について~
 千葉市では消費生活相談が年々増加し、60歳以上の相談割合が全体の38%を占めております。取引方法が多様化しインターネットを利用した相談が増えています。消費者被害を防止するためには消費者をとりまく環境を整備し、自ら考え、行動する自立した消費者の育成が求められており、この3月に第3次千葉市消費生活基本計画を策定しました。消費者が安全・安心に生活できるための環境整備をし、自ら消費者トラブルを未然に防止できること、自らの行動が社会に影響を当てることを理解できる消費者になることなどを目指しています。これまでも消費者の行動が社会を大きく変えた歴史があります。牛缶事件を契機に「景品表示法」が制定されております。社会をよくする身近な消費行動として、フェアトレード、エシカル商品、環境に配慮した商品、障害者就労施設等の商品の購入などがあります。
 千葉市では「暮らしの情報いずみ」、「消費者被害注意報」の情報誌の発行や携帯などへの振込被害の注意メールなどを行い被害防止に取り組んでいます。

第2部:簡単にできる一品 さつま揚げ&かるかん 
 さつま揚げとかるかんをつくりました。さつま揚げはタラと鮭の切り身と山芋などをフードプロセッサーにかけ、すり身にします。
 練り具合のポイントはボールからスーっと落ちるくらいにすることです。きめの細かいさつま揚げになります。かるかんは歓声をあげるくらいにふっくらと仕上りました。どちらもおいしく好評でしたが、特に紅生姜入りのさつま揚げは好まれました。2品ともお持ちかえりができ、参加者は幸せそうな笑顔で一杯になりました。

≪参加者のご感想≫
第1部
・エシカル商品について初めて聞きました。よく考え選んで購入することがよいと知りました。
・買わない運動は悪い商品をなくし、会社を改めると思う。
・お話は分かりやすく、身近な日常の問題を取り上げていただき
勉強になりました。
第2部
・とてもおいしく、家でも作りたいと思います。
・このような企画をまた、よろしくお願いします。
・短時間でこんなに上手に作れるとは感謝いたします。
(世話人 山田多恵子)

交流会へのご参加ありがとうございました

去る21日の交流会にご参加の皆さま、ありがとうございました。

お天気にも恵まれ、久しぶりの気持ちのいい秋晴れの1日でした。
おかげさまで32人の参加者をお迎えすることができ、世話人一同喜んでおります。

今回の会場ともなり、また第1部で講師としてお話をしてくださった千葉市消費生活センターの職員の皆さま、お世話になりました。
あらためまして、感謝申し上げます。

第2部の調理実習には男性の参加もあり、たいへん好評でした。
さっそく帰宅後に試してみたというお話も耳にしております。
皆さまに喜んでいただくことができ、たいへんうれしく思います。
今後も、こうした楽しんでいただける企画も考えていければと思います。

当日午前は、世話人会で今後の活動について話し合いました。
県民提案事業など、詳細が決まりましたら、あらためてこちらでもご案内したいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

FC2Ad