ちば菜の花会は千葉県全域の男女共同参画社会の実現を目指して、講演会・学習会、地域交流会、懇親会、会報発行などの活動を行っています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
習志野市センター「第4回みんなでまちづくり」ワークショップご感想
過日おこなわれた習志野市の男女共同参画センター&市民活動インフォメーションルームの「第4回みんなでまちづくり」ワークショップ「男の装い、女の装い」に寄せられた感想をまとめました。

*服装についての変遷を読み取ることは簡単なようで難しいことが話し合ってみて改めておもいました。その機会を与えていただきありがとうございました。
*年齢にあった服装、場所にあった装いなど必要であると思います。特に若い人の服装については、おへそが出たりお腹がでたりとても見苦しく思う人が多かったと思います。
*服装にも季節が感じられなくなっている。流行もあるのかもしれませんが、特に女性の薄着、肌が露出しすぎは気になります。家族も服装のことについて話し合う機会ももてたらよいと思います。
*いろいろな発言が出て面白いなと思いました。もっと話し合えれば、さらに深まるだろうと感じました。
*女性のパンツスタイルが機能性という点で女性が行動的生き方になってきた結果としか考えていなかったところ、弱者が強者の服装は取り入れても逆のパターンは無いという意見になるほどと思いました。
*服装のみで、テーマからぶれることなく、みなで話し合えた事がよかった。何気なく着ている服装でも、ジェンダーの視点で見ることにより、勉強できるのだと思った。
*参加者の多くの方がミニスカートやジーンズ、パンタロンスタイルのヤングファション時代を経験しており、これまでの行き方から服装、化粧、振る舞い等について活発な意見が交わされ楽しかった。
*私自身、企業戦士としてのスーツスタイルととリタイアしてからのカジュアルスタイルへの変化がこれほど意識、言動、態度を変えるから不思議である。確かに男性はネクタイ1本で気持ちが変わる。最近は男女のライフスタイルが変わりつつあり、その人の生き方、考え方、趣味、遊び心などを取り入れたおしゃれやファッションを楽しんでいる人が多く、大いに結構だと思っている。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ブログ ちば菜の花会. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。