ブログ ちば菜の花会

ちば菜の花会は千葉県全域の男女共同参画社会の実現を目指して、講演会・学習会、地域交流会、懇親会、会報発行などの活動を行っています。

地域交流会in鴨川「地域・仕事・家族・そして私」ご報告

遅くなりましたが、11月1日に行われた地域交流会in鴨川「地域・仕事・家族・そして私」の報告です。

 2007年11月1日(木)の午後より鴨川市役所大会議室において、地域交流会が開かれた。当日、鴨川市の行政3名・鴨川女性の会などから18名・菜の花会世話人5名の参加で約2時間を意見交換など和気あいあいの交流会だった。
 鴨川女性の会は平成4年に結成され、12名の会員で運営され、フォーラム開催、冊子「ぬくもり」発行などの活動をしている。12名はそれぞれ市教組女性部・社会教育委員・結婚相談員・食生活改善の会・ふさの会・ガールスカウト・国際交流会・女性のつばさ派遣経験者・鴨川商工会・ケアマネージャーの会・女性市議など各団体で活動している。
  鴨川の女性が県の男女共同参画条例の策定の折、代表が知事の話を各団体に持ち帰り、足で歩き、市へも署名嘆願など、盛り上がりが素晴らしかった。が条例が否決され、がっくりしてやる気を失った。(と残念そうに前市議が当時の説明をして下さった。)
  活動と問題点
 ※会費なしで運営している。市からの援助が大きい。(バスや会場、市がかかわっていると見方がちがう等)しかし、自立していかなければという気運もある。
 ※結婚相談の会 申込は圧倒的に男性。なかなかまとまらない。男性の女性に対する見方に地域格差があるように思う。
 ※市教組女性部 教育研究大会で中学生の職場体験の話があったが、職業選択の上でも、男女共同参画教育の必要性を考えた。
 ※ふさの会 自分が仕事をやめたら夫は雨戸も開けなくなった。男の家庭参加など家庭教育の大切さを感じる。
 ※女性のつばさの研修で初めて、男女共同参画、DVなどを知った。教育の問題・家庭の大切さを改めて学んだ。
 ※20名の市議のなかで女性はただ一人。まわりの事を考えると立候補する女性がいない。
  
 鴨川市には男女共同参画の基本計画がまだできていない。男女共同参画を会としてどうとらえて存続していくか。(行政より)
これからの鴨川女性の会は存続が困難な部分もあるが、何事もポジティブにとらえて基本計画にも力を注ぎたい。(会長)

  アンケートの中にも、女性の声を男性にも聞いてもらいたい、男女差のあることを感じ、またそれを感じないという事に問題があるなど前向きの意見がありました。問題点を鴨川市の視点でしっかりと捉えようとする意志を感じて、交流会の意義を感じました。
                                (記録 柳沢泰子)  
スポンサーサイト

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nanohanakai.blog50.fc2.com/tb.php/67-cb6900c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad