ちば菜の花会は千葉県全域の男女共同参画社会の実現を目指して、講演会・学習会、地域交流会、懇親会、会報発行などの活動を行っています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
市川市の男女平等基本条例改廃のその後
市川の条例改廃について、その後の動きが市川市在住の世話人から寄せられましたので、こちらにも掲載いたします。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 前号で市川市の条例の改廃について記載させていただきました。本号ではその後の動きをお知らせいたします。
 私たち、男女平等の実現のために活動してきた仲間たちは、所属の会をこえて、弁護士の方を中心に「男女平等のための条例を考える会」をとりあえず立ち上げ、これからの行動について話し合い、まず「とりもどそう! 市川市男女平等基本条例」のチラシを作りました。内容は、12月議会での採択の様子、ちょうど柳沢厚生労働大臣の{女性は子どもを産む機械}発言の折でこの問題も盛り込みました。
 このチラシを各グループから個人の手に配り、また駅頭での訴えをも行いました。
 また、この条例に基づき設置された推進審議会のメンバー15名のうち10名は19年4月から施行される市川市男女共同参画条例に抗議して辞任をしました。
 私もメンバーの一員として辞任をしましたが、ここに至るまでに何度か話し合いを持ち、また、最後の審議会においても、前文の削除、父性・母性の偏った記述に不満の意見が多く出ました。
 最後に、審議会委員の中から議会のあり方を問うため、2名の女性が市議会へ立候補(注)したことを報告させていただきます。(世話人 柳沢泰子)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

(注)審議会委員からの立候補者は、石原美佐子さん、湯浅止子(しずこ)さんの2名です。また、旧条例の生みの親、石崎たかよ議員の引退にともない後継候補、市民ネットの秋本のり子さんも同様の思いから立候補しているとのことです。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ブログ ちば菜の花会. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。