FC2ブログ

ブログ ちば菜の花会

ちば菜の花会は千葉県全域の男女共同参画社会の実現を目指して、講演会・学習会、地域交流会、懇親会、会報発行などの活動を行っています。

ちば菜の花会講演会2018は7月7日に開催予定

年が明け、今年は例年になく早かった桜の花の季節も過ぎ、新年度になって1か月余り、すでにゴールデンウィークも明けてしまいました。
すっかりご無沙汰をしてしまい、申し訳ありませんでした。

年度が変わり、今年度の催しの計画や準備を着々と進めているところです。
まずは、毎年恒例の講演会について、日時、会場、講師が決まりましたので、ご案内いたします。
チラシを現在作成中です。でき次第、こちらにもアップし、正式なご案内をいたしたいと思います。

ちば菜の花会2018講演会
女性と憲法PART4(憲法24条を中心に) 

今なぜ、家族が狙われているのか~憲法24条が意図するもの~


日 時:7月7日(土)  14:00~16:30
会 場:市川市男女共同参画センター  5階AB室
講 師: 清田乃り子 弁護士・会員
主 催: ちば菜の花会


講師に弁護士の清田乃り子さんをお迎えし、一昨年度、昨年度の講演のテーマに引き続き、今年度も憲法をテーマにお話しいただきます。
先日の憲法記念日には、改憲派、護憲派など憲法についての集会が行われました。それらについての報道、さまざまな記事やテレビ番組なども掲載・放映されました。
憲法改正論議では、第9条の扱いに焦点が当てられていますが、自民党の憲法改正草案その他に見るように、第24条の改訂についても非常に問題があります。
「24条変えさせないキャンペーン」についてご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

憲法24条
婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。


一部の改憲勢力にとっては、9条よりもこの24条を改訂したいとする向きがあるともいわれています。
もう一度、憲法24条の意味について深く掘り下げて、今後、生かしていくためどうしたらよいか、みなさんとご一緒に考えられればと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nanohanakai.blog50.fc2.com/tb.php/245-b1f87411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad