ブログ ちば菜の花会

ちば菜の花会は千葉県全域の男女共同参画社会の実現を目指して、講演会・学習会、地域交流会、懇親会、会報発行などの活動を行っています。

ちば菜の花会交流会2017報告

11月に入り、少しお天気も落ち着いてきましたでしょうか。
10月は2度の台風の接近を含め週末のたびに雨が多く、日の光に恵まれない1か月でした。
気温も低めだったせいか、周囲でも風邪ひきが目立っています。
みなさん、お元気でしょうか。

今年もあっという間に残り少なくなってきました。
来月頭には南房総市での交流会を控えております。
これから寒さが厳しくなることと思いますが、体調維持に注意して準備をしたいと思います。

さて、遅くなりましたが、9月に行われた「ちば菜の花会交流会2017」の報告をいたしたいと思います。

ちば菜の花交流会2017

日時:2017年9月21日(木) 13:30~16:15
会場:千葉市消費生活センター(3階 研修講義室 実験実習室)    
講師:
第1部 宮内博道(千葉市消費生活センター消費者教育班主査)
第2部 杉本明行(ちば菜の花会世話人)
主催:ちば菜の花会     参加:32名

第1部:自立した消費者になるために

~消費者問題の現状と第3次千葉市消費生活基本計画について~
 千葉市では消費生活相談が年々増加し、60歳以上の相談割合が全体の38%を占めております。取引方法が多様化しインターネットを利用した相談が増えています。消費者被害を防止するためには消費者をとりまく環境を整備し、自ら考え、行動する自立した消費者の育成が求められており、この3月に第3次千葉市消費生活基本計画を策定しました。消費者が安全・安心に生活できるための環境整備をし、自ら消費者トラブルを未然に防止できること、自らの行動が社会に影響を当てることを理解できる消費者になることなどを目指しています。これまでも消費者の行動が社会を大きく変えた歴史があります。牛缶事件を契機に「景品表示法」が制定されております。社会をよくする身近な消費行動として、フェアトレード、エシカル商品、環境に配慮した商品、障害者就労施設等の商品の購入などがあります。
 千葉市では「暮らしの情報いずみ」、「消費者被害注意報」の情報誌の発行や携帯などへの振込被害の注意メールなどを行い被害防止に取り組んでいます。

第2部:簡単にできる一品 さつま揚げ&かるかん 
 さつま揚げとかるかんをつくりました。さつま揚げはタラと鮭の切り身と山芋などをフードプロセッサーにかけ、すり身にします。
 練り具合のポイントはボールからスーっと落ちるくらいにすることです。きめの細かいさつま揚げになります。かるかんは歓声をあげるくらいにふっくらと仕上りました。どちらもおいしく好評でしたが、特に紅生姜入りのさつま揚げは好まれました。2品ともお持ちかえりができ、参加者は幸せそうな笑顔で一杯になりました。

≪参加者のご感想≫
第1部
・エシカル商品について初めて聞きました。よく考え選んで購入することがよいと知りました。
・買わない運動は悪い商品をなくし、会社を改めると思う。
・お話は分かりやすく、身近な日常の問題を取り上げていただき
勉強になりました。
第2部
・とてもおいしく、家でも作りたいと思います。
・このような企画をまた、よろしくお願いします。
・短時間でこんなに上手に作れるとは感謝いたします。
(世話人 山田多恵子)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nanohanakai.blog50.fc2.com/tb.php/239-0b574d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad