ブログ ちば菜の花会

ちば菜の花会は千葉県全域の男女共同参画社会の実現を目指して、講演会・学習会、地域交流会、懇親会、会報発行などの活動を行っています。

第58回日弁連人権擁護大会シンポジウム第1分科会「女性と労働」

ちば菜の花会主催の催しではありませんが、非常によい催しが日本弁護士会主催で行われます。
日弁連人権擁護大会のシンポジウムは、今年は千葉県で開催、以下の日程で3分会に分かれて行われますが、そのうちの第1分会は「女性と労働」をテーマに開かれます。

第58回日弁連人権擁護大会シンポジウム第1分科会
「女性と労働」

~貧困を克服し、男女ともに人間らしく豊かに生活するために~

10月1日木 12時30分〜18時00分
ホテルニューオータニ幕張 2階「鶴の間」

基調講演 竹信三恵子さん
特別講演 林陽子さん、仁藤夢乃さん
パネリスト 安藤哲也さん、中嶋祥子さん、藤原千沙さん、山田省三さん

働いているのに貧困から抜け出せない
女性差別撤廃条約の批准と男女雇用機会均等法の制定から30年経っても「女性の貧困問題」は改善されていません。今でも、多くの女性が職場での男女格差・低賃金や不安定な雇用形態に悩んでいます。女性の問題はこの社会に生きる全ての人の問題です。女性が貧困から解放される社会を目指して女性の労働問題について考えたいと思います。


竹信さんや林さんといった女性問題の最前線でご活躍の方々、「難民」女子高校生の支援を行っているフレッシュな仁藤さん、ファザーリングジャパンの安藤さん、労働問題、女性の貧困問題を長く追いかけている藤原さん、労働法がご専門の山田さんなど豪華な登壇者の顔ぶれです。

以下は、このシンポジウムの先立ち9月5日に千葉県弁護士会館で開かれたプレシンポジウムです。
菜の花会からも数人が聞きに行きました。
こちらもマタハラをテーマにした、とてもアクチュアルな問題を討議する良い会でした。
話題の小酒部さやかさんは当日の参加がかなわなかったのが残念ですが、ビデオメッセージを寄せてくださったほか、基調講演をなさった杉浦さんのお話、また後半のパネリストたちのお話も熱がこもったものでした。

第58回 日弁連人権大会 第一分科会プレシンポジウム
「女性と労働」 -マタニティハラスメント等女性差別の実態と対策を考える

シンポジウムは平日の開催で、仕事を持つ方はなかなか参加が難しいかもしれませんが、入場無料で一般の来場歓迎、席にも余裕があるとのことですので、お誘い合わせてご参加になってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nanohanakai.blog50.fc2.com/tb.php/192-fee9f18a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad