ブログ ちば菜の花会

ちば菜の花会は千葉県全域の男女共同参画社会の実現を目指して、講演会・学習会、地域交流会、懇親会、会報発行などの活動を行っています。

講演会&地域交流会in山武市 「高齢者を地域で見守るために」報告

ちば菜の花会の昨年度の活動について遅ればせながら報告いたします。
昨年12月7日に、本会主催の地域交流会を「消費生活の安定及び向上に向けた県民提案事業」として県と共催で山武市で行いました。

消費生活の安定及び向上に向けた県民提案事業
講演会&地域交流会in山武市「高齢者を地域で見守るために」


日 時:2014年12月7日(日 )13:30~15:30
会 場:山武市役所大会議室


第1部:消費者問題の被害を防ぐために
     防犯劇:市民劇団「ぶどう座」/ 
     防犯について:山武市警察署 高木巡査部長


第2部::講演  講師:樋口恵子さん (消費者庁参与・評論家)
     司 会:柳沢泰子(世話人) 参加者数:152名
     主 催:ちば菜の花会・千葉県  共 催:山武市・山武市消費生活センター


 初めに、主催者を代表して松田敏子世話人代表、続いて山武市長の椎名千収さんよりよりご挨拶をいただいた。なお、山武市長は最後まで参席された。
 第1部では、消費者被害を防ぐために市民劇団「ぶどう座」による防犯劇が演じられた。続いて、山武市警察署の高木巡査部長より、あの手この手の振込詐欺の手口が紹介された。まずは家族や知人、消費者センターなどに相談し、被害に遭わないように気をつけてほしいとのことであった。
 第2部では樋口恵子さんより「高齢者を地域で見守るために」と題し講演をいただいた。日本は前例のない超高齢化、超少子化の社会となり、大家族(三世代)時代から、核家族化時代、今や大シングル時代、ファミレス(FAMILY LESS)社会と大きく変化している。
 高齢者は否応なしに判断力が低下する。高齢者を狙う振り込め詐欺が横行している。相手はプロ、こちらはアマである。とても対抗できるものではない。撃退トークはあるが、まずはお断りすること。相手に情報を与えないことが肝要だ。平成25年の12月に消費者庁は「消費者の安全・安心確保のための地域体制のあり方の意見交換会」の報告書をだした。消費者相談体制の充実強化、教育などとともに様々な分野との協働による支援などについて報告されている。あいさつを掛け合い、地域への参加し、地域の力で支え合い、助け合い、互いに見守るがことが大事である。講演会後、講演者および関係者による懇親会が行われさらなる交流が深まった。    (世話人 山田多恵子 千葉市)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nanohanakai.blog50.fc2.com/tb.php/182-c2af7405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad