ちば菜の花会は千葉県全域の男女共同参画社会の実現を目指して、講演会・学習会、地域交流会、懇親会、会報発行などの活動を行っています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「ジェンダー平等政策」全政党公開アンケートの結果
1週間後には衆議院選挙を迎えます。
乱立模様の正統、候補者から誰を選んだらよいのか、悩ましいところです。
「ジェンダー平等政策」を求める会が、立候補者を要する各政党に男女平等に関する政策についてのアンケートを取り、その集計結果がまとまったとのことでご報告いただきました。

このような試みはとても有意義なことだと思います。
ご参考までに、こちらでも紹介いたします。

「私たちはジェンダー平等政策を求めます」キャンペーン
「ジェンダー平等政策」全政党公開アンケートの結果のご報告


                         2012年12月7日
           「ジェンダー平等政策」を求める会 事務局

「ジェンダー平等政策」全政党公開アンケートの結果がまとまりましたので、
ご報告します。
回答書およびコメント、チャート・相関図の分析/考察等は、以下のP-WAN
サイトで公開しています。
「ジェンダー平等政策」に対する各政党の考えが一目瞭然なので、
あなたから一人でも多くの人にお伝えください。

http://www.p-wan.jp (市民と政治をつなぐP-WAN)

 「ジェンダー平等政策」全政党公開アンケートの政策リスト(全26項目)は
2009年女性差別撤廃委員会(CEDAW)勧告をもとに作成したものです(憲
法と脱原発、防災復興を除く)。
したがって国連女性差別撤廃条約の遵守と遂行に対して各政党がどのくら
い積極的かを測る指標となります。
CEDEAW勧告については、2009年度、過去2期6年進捗が見られなかったこ
とに対し強い勧告を受け、今年日本政府は進捗がなかったことの報告を国
連に提出したばかりです。
 さらに今回の政策リストにはトップに、憲法と脱原発、防災復興を加えました。
不戦と非核はジェンダー平等政策の前提、と考えるからです。
 全政党公開アンケートは11月21日に14政党(2党に追加)に郵送(配達証明付)。
 昨日までに事務局に届いた回答書は、到着順に「民主党」「国民の生活が第一」
「社民党」「日本共産党」「公明党」「緑の党」「自由民主党」「日本維新の会」
「国民新党」「日本未来の党」の10政党です。
私たちのアンケートに答えてくれた政党に、まず感謝いたします。
 回答書は、4択で「賛成+2ポイント・どちらかといえば賛成+1ポイント・
どちらかといえば反対-1ポイント・反対-2ポイント」として、
「ジェンダー平等政策」指数を表しました。
ポイントが低い順に、「国民新党」-2、「日本維新の会」9、「自民党」11、
「日本未来の党」36、「公明党」38、「民主党」44。「日本共産党」50、
「国民の生活が第一」51、「社民党」と「緑の党」は52です。
 なお、「私たちはジェンダー平等政策を求めます」キャンペーンの 呼びかけ人・
賛同人は、12月5日現在で23団体273人になりました。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ブログ ちば菜の花会. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。