ブログ ちば菜の花会

ちば菜の花会は千葉県全域の男女共同参画社会の実現を目指して、講演会・学習会、地域交流会、懇親会、会報発行などの活動を行っています。

事業仕分け結果に関して文部科学省に意見を

去る11月11日(水)に行われた事業仕分けで、国立女性教育会館は「予算要求の縮減(大幅な縮減:2分の1~3分の1に縮減)」との結果が出されました。

今回の事業仕分けですが、ノーベル賞受賞者が科学振興予算の廃止や見直しに異を唱える姿が報道されるなど、各方面から意見が続出しております。
漢方薬の保険適用除外も、署名運動が起こっているそうです。また、地方のバス路線の整備費用補助についても見直しなど、国民生活にも影響が出ることも予想されています。
女性教育・男女共同参画も重要性がようやく認識されながら、一方では民法改正の動きがあり、進むようでいながら、予算が削られては、後退しかねないです。

現在、文部科学省では、「行政刷新会議事業仕分け対象事業について一般からの意見募集」を行っております。

<意見募集の詳細を掲載しているホームページアドレス>
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm 

<意見提出先メールアドレス>
suz-tak@mext.go.jp 

意見の提出先は、鈴木 寛副大臣、高井美穂政務官の専用メールとなっており、政務三役からは各局予算担当へ「寄せられた意見は予算にきちんと反映するように」との指示がでているそうです。

事業仕分けにご意見がある方はぜひ、ご意見をお願いいたします。
提出期限は、12月15日までです。

みなさん、知人・友人にもお知らせいただき、ご協力をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nanohanakai.blog50.fc2.com/tb.php/114-482e968c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad