ブログ ちば菜の花会

ちば菜の花会は千葉県全域の男女共同参画社会の実現を目指して、講演会・学習会、地域交流会、懇親会、会報発行などの活動を行っています。

ちば菜の花会交流会2017(9月21日)

ご案内が遅くなりましたが、9月21日に「ちば菜の花会交流会」を千葉市消費生活センターで行います。
第1部では「自立した消費者になるために」というテーマで、千葉市消費生活センター消費者教育班の方を講師にお招きし、お話しいただきます。
第2部では、本会会員による指導で、簡単にできる一品料理の調理実習を行います。

みなさまの参加をお待ち申し上げております。

2017交流会チラシ
(クリックすると拡大します)

菜の花会交流会

開催日:9月21日(木)
会場:千葉市消費生活センター
   (クリックすると地図が表示されます)

第1部 講座(13:15~14:00)
テーマ:自立した消費者になるために
お話:千葉市消費生活センター消費者教育班

第2部 調理実習(14:15~16:15)  
簡単にできる一品(さつまあげandかるかん饅頭)
指導:会員・杉本明行 
参加材料費:500円

主 催 ちば菜の花会(男女共同参画を進める会)


申し込みは9月16日までに以下へ。
Tel&Fax047‐451‐9825(ちば菜の花会事務局)
スポンサーサイト

9月21日交流会お申し込みはお早めに

9月に入っても雨続きでしたが、ようやく先週末から少し晴れ間に恵まれております。
天候が安定せず、控えていた大物の洗濯でこの週末は大変だった方もいらっしゃることと思います。
また明日、お天気が崩れるようで、貴重な晴れ間を有効活用したいものです。

さて、ちば菜の花会交流会が近づいてまいりましたので、再告知いたします。
第1部の講座にはまだお席に余裕がございますが、第2部の調理実習はご参加できる人数に限りがあり、すでにお申し込みであとわずかしか受付できない状況です。
ご希望の方はお早めにお申し込みいただければ幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

開催日:9月21日(木)
会場:千葉市消費生活センター
   (クリックすると地図が表示されます)

第1部 講座(13:15~14:00)
テーマ:自立した消費者になるために
お話:千葉市消費生活センター消費者教育班

第2部 調理実習(14:15~16:15)  
簡単にできる一品(さつまあげandかるかん饅頭)
指導:会員・杉本明行 
参加材料費:500円

主 催 ちば菜の花会(男女共同参画を進める会)


申し込みは9月16日までに以下へ。
Tel&Fax047‐451‐9825(ちば菜の花会事務局)

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

ちば菜の花会2017講演会「女性と憲法Part Ⅲ 女性の教育」ご案内

毎年恒例の講演会が6月10日の土曜日に行われます。
今回は市川市の男女共同参画センター(ウィズ)が会場です。
昨年からのシリーズ「女性と憲法」のPartⅢとして、白井堯子先生に18世紀イギリスで先駆的に女性の権利を訴えたウルストンクラーフトと、日本の津田梅子を取り上げ、女性の教育について語っていただきます。

みなさま、お誘いあわせのうえご参加いただきますよう、よろしくお願いいたします。

女性と憲法 Part Ⅲ 女性の教育

女性解放の先駆者

メアリ・ウルストンクラ-フトと津田梅子


18世紀のウルストンクラーフトも20世紀の津田梅子も、女性の自立の重要性を説きました。
ウルストンクラーフトは、自立こそが神が人間に与えた最大の祝福と述べています。
では、どんな教育が、どんな社会が、女性の自立を可能にするのでしょうか。

講師:白井 堯子さん
     千葉県立衛生短期大学名誉教授
     慶応義塾福沢研究センター客員所員

日時:2017年6月10日13:30~16:00(開場13:00~)
会場:市川市男女共同参画センター  5階AB室  (JR市川駅より徒歩5分)

    *会場名をクリックすると地図が表示されます。
申込先:ちば菜の花会事務局 ℡&Fax 047-451-9825
資料代:500円  申し込み締め切り(裏面で)


主 催 ちば菜の花会(男女共同参画を進める会)
共 催  市川女性の集い連絡会  後 援 市川市

【講師プロフィール】
千葉県立衛生短期大学教授、慶應義塾大学文学部、日本女子大学、放送大学などの非常勤講師、オックスフォード大学日産日本問題研究所訪問研究員(Nissan Fellow)。千葉県男女共同参画推進懇話会委員、市川市男女平等推進審議会会長などを歴任。
主な著書 『福沢諭吉と宣教師たち―知られざる明治期の日英関係』、『女性解放論集』(共著)、『オクスフォードから』(共著)
『女子大学論』(共著)、『明治期女子高等教育における日英の交流(仮題)』2017年出版予定  他多数

ちば菜の花2017講演会チラシ
(クリックすると拡大します)

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

5月23日(火)平成29年度消費者フォーラムin千葉でパネル展示

立夏を過ぎ、暑さを感じる日が続いていますが、みなさまお元気でしょうか。

しばしご無沙汰をしてしまいましたが、ちば菜の花会では下記の千葉県消費生活フォーラムにてパネル展示をいたします。
直前のご案内になってしまい、まことに申し訳ありません。

お時間の許す方は、ぜひお立ち寄りいただきたく、お願いいたします。

フォーラムは12時半からですが、パネル展示は11時から行っており、入場できます。

以下、フォーラムの概要について転載いたします。

=====

悪質商法による消費者被害やリコール製品の周知・回収など、複雑・多様化する消費者問題に適切に対応するためには、地域ぐるみで啓発や見守りを進めるとともに必要な情報を必要な人に届けるための仕組みを構築していくことが重要となっています。
そこで、県では、県内消費者団体等により構成する実行委員会と共同で、「学んで、つながり、行動しよう~安心して暮らせる消費者社会~」をテーマに「消費者フォーラムin千葉」を開催します。

日時
平成29(2017)年5月23日 (火曜日)12時30分から15時30分まで

会場:千葉市文化センター3階アートホール
    (千葉市中央区2-5-1千葉中央ツインビル2号)

<1>千葉県の消費生活相談の状況等について(千葉県環境生活部)

<2>基調報告
報告者:平井 俊圭氏(三重県伊賀市社会福祉協議会)
「市民参加で悪徳商法を撃退する~誰もが安心して暮らせるまちづくり~」

<3>千葉県内における「地域ぐるみでの消費者被害防止」取組報告
富里市(富里市消費者行政推進連絡協議会)

<4>平成28年度県民提案事業の事例発表
「食の“もったいない”を考える講演とワークショップ」
発表団体:生活協同組合コープみらい
「高齢者向けリコール製品回収事業」
発表団体:消費者行政充実ネットちば

(2)パネル展示開場11時00分~(ロビー)
県内消費者団体等の活動をパネルで展示します。

=====

【ご案内】「消費と男女共同参画」講演会&地域交流会 in大網白里市

消費生活の安定及び向上に向けた県民提案事業
講演会&地域交流会 in大網白里市
消費と男女共同参画

増加する消費者被害
 
くらしの安心安全 まずは相談から!


大網白里市の実情を踏まえながら、高齢者の社会参加を促し、安心・安全まちづくりを目指します。困ったときは被害に遭わないようセンターや家族に相談しましょう。

第1部 報告 センター新設と相談
     報告者:山本貴子
          (大網白里市消費生活センター相談員)
第2部 講演
     講師:樋口恵子さん
     消費者庁前参与・NPO法人高齢社会をよくする女性の会理事長


日時:2017年1月14日(土)13:30~15:30(13:00開場)
会場:大網白里市保健文化センター 3階ホール
定員:200人(入場無料)

【大網白里市保健文化センターへのアクセス】
大網白里市大網100番地2(クリックすると地図が表示されます→)地図(図書室のある建物の3階です)
JR外房線大網駅 徒歩15分
◇大網白里市コミュニティバス「大網白里市役所」下車 
◇小湊鐡道バス「千葉興銀前」下車 徒歩5分

問合せ先:ちば菜の花会 TEL&FAX 047-451-9825
申込先:大網白里市地域づくり課 市民協働推進班
TEL 0475-70-0342 FAX 0475-72-8454
氏名(ふりがな)、ご住所、電話番号等の必要事項をご記入のうえ0475-72-8454までファックス、もしくは電話で申し込みいただくか、同じ内容をメールにて送信してください。
※本申込書にご記入いただいた個人情報は本事業以外の目的には使用いたしません。

主催:ちば菜の花会(男女共同参画を進める会) ・千葉県
共 催:大網白里市

【樋口恵子さんプロフィール】
東京大学文学部美学美術史学科卒業
東京大学新聞研究所本科終了後、時事通信社・学習研究社・キャノン株式会社を経て評論活動に入る
消費者庁前参与・NPO法人高齢社会をよくする女性の会理事長
東京家政大学名誉教授、同大学女性未来研究所長
「高齢社会NGO連携協議会」代表(複数代表制)
内閣府男女共同参画会議議員、厚生労働省社会保障審議会委員などを歴任
【主な著書】
『女、一生の働き方BBからHBへ』(海竜社)・『大介護時代を生きる』(中央法規)・『おひとり
シニアのよろず人生相談』(主婦の友社)・『人生100年時代への船出』『自分で決める人生の終い方』(ミネルヴァ書房)、「サザエさんからいじわるばあさんへ」朝日新聞出版 文庫版、他多数
菜の花会2017県民提案事業チラシ

FC2Ad