FC2ブログ

ブログ ちば菜の花会

ちば菜の花会は千葉県全域の男女共同参画社会の実現を目指して、講演会・学習会、地域交流会、懇親会、会報発行などの活動を行っています。

2019年ちば菜の花会をよろしくお願いいたします

新年となり、すでに半月が経ちました。

今年は選挙の年。
まず春先に統一地方選挙が行われます。
4月7日には千葉県議会議員選挙が実施されます。
一部報道では、これまで自民党の千葉県議に女性が一人もいなかったが、今回、女性を候補者として立てるという話もあります。

ちば菜の花会の新年最初の活動は、17日の世話人会です。
じつはその世話人会の前には、とある準備作業を予定しています。
みなさまの投票のご参考にしていただけるよう、立候補を予定している現職の千葉県議会議員へのアンケートの実施、そしてその結果の発表などを予定し準備中です。

追って、こちらでも経過を報告したいと思います。

本年、ちば菜の花会は創立15周年を迎えます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

本年もお世話になりました

2018年もあっという間でした。
いつもながら、1年の過ぎ去る速さには驚きと少々の落胆と……
今年1年を振り返ってみても、これが本年のことなのか、それとも昨年のことだったのか、判然としないことが多くなりました。
ごく最近のことと思っていたことが、じつは昨年のことであったことに驚くことが少なくありません。

男女共同参画をめぐっても、「女性が輝く」やら「女性活躍推進」やら掛け声ばかりでその実、大きな進展はない一年だったように思います。
女性がこれまでの性被害について、「♯Me too」という形で大きな声を挙げ始め、相当の広がりを見せたことは大きな前進であったと思います。これまで押し殺してきた声を挙げること……まだまだ、声を挙げられない多くの人がいるものと思われますが、こうした動きが大きなうねりとなったことで、多くの人に勇気、希望を与えたことと思います。

黙って待っているだけでは、社会は変わりません。

「個人的なことは政治的なこと」


女性の権利運動のスローガンとして有名なフレーズです。日頃の生活のなかで感じる違和感、疑問にこそ、じつは差別や偏見の問題、そして非対称的な力関係や社会制度の問題などさまざまな問題が潜んでいます。それこそが、ミクロな社会関係を通じて作用している“政治”(いわば「小文字」の政治)であり、その問題を明るみに出して、「政治」(「大文字」の政治)の場で解決をはかっていくことも重要です。

声を挙げる女性に対するバッシングも続いています。
女性の発言に対して、「政治的発言」であるとの非難が浴びせかけられるのも目の当たりにします。
そうした非難は、声を封殺する作用を持つ点で、むしろきわめて「政治的」なものであり、到底認められるものではありません。
どのような立場であれ、さまざまな言動は「政治的」たらざるを得ません。
その「政治性」に自覚的になり、お互いに対話をしていくしかないものでしょう。

来年4月には統一地方選挙が行われます。
千葉県の知事・議会選挙が予定されているほか、県内の各自治体においても首長・議会選挙が行われます。
選挙で一票行使する……きわめて重要な政治参加です。ぜひ、この機会を有効に使いたいものです。
しかし、それだけにとどまらず、身近な問題についての気づきから、声を挙げ、ともに連帯して働きかけを行い、一歩一歩、周囲の状況、ひいては社会全体を、性別あるいは障害の有無、思想・信条ないしは立場にかかわらず、一人ひとりがみなより生きやすく、より自由で、生き生きと毎日が過ごせるようなものとしていこうとすることも、とても重要だと思います。

本年1年、ありがとうございました。
来年、ちば菜の花会は結成15周年を迎えます。
年明け早々から、本会は活発に活動していく所存です。
どうか、今後とも引き続き、よろしくお願いいたします。

みなさま、良い年をお迎えください。

ご来場ありがとうございました

昨日は、蒸し暑いなか「ちば菜の花会講演会2018」にお越しくださり、ありがとうございました。

講師の清田乃り子さんのお話も非常に聞きやすいうえに、中身も充実したもので、たいへん好評でした。
新聞等のご案内を見てお越しくださった方もいらっしゃったようで、お集まりの皆さまと活発な意見交換ができたことを喜んでおります。

また後日、お越しになれなかった皆さまにも講演の内容をお知らせすべく、報告ができましたら、こちらにもアップしたいと考えております。

まずは、取り急ぎ御礼まで。

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

ちば菜の花会講演会2018は7月7日に開催予定

年が明け、今年は例年になく早かった桜の花の季節も過ぎ、新年度になって1か月余り、すでにゴールデンウィークも明けてしまいました。
すっかりご無沙汰をしてしまい、申し訳ありませんでした。

年度が変わり、今年度の催しの計画や準備を着々と進めているところです。
まずは、毎年恒例の講演会について、日時、会場、講師が決まりましたので、ご案内いたします。
チラシを現在作成中です。でき次第、こちらにもアップし、正式なご案内をいたしたいと思います。

ちば菜の花会2018講演会
女性と憲法PART4(憲法24条を中心に) 

今なぜ、家族が狙われているのか~憲法24条が意図するもの~


日 時:7月7日(土)  14:00~16:30
会 場:市川市男女共同参画センター  5階AB室
講 師: 清田乃り子 弁護士・会員
主 催: ちば菜の花会


講師に弁護士の清田乃り子さんをお迎えし、一昨年度、昨年度の講演のテーマに引き続き、今年度も憲法をテーマにお話しいただきます。
先日の憲法記念日には、改憲派、護憲派など憲法についての集会が行われました。それらについての報道、さまざまな記事やテレビ番組なども掲載・放映されました。
憲法改正論議では、第9条の扱いに焦点が当てられていますが、自民党の憲法改正草案その他に見るように、第24条の改訂についても非常に問題があります。
「24条変えさせないキャンペーン」についてご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

憲法24条
婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。


一部の改憲勢力にとっては、9条よりもこの24条を改訂したいとする向きがあるともいわれています。
もう一度、憲法24条の意味について深く掘り下げて、今後、生かしていくためどうしたらよいか、みなさんとご一緒に考えられればと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

本年もお世話になりました

年が明けたと思ったら、もう大晦日。
今年一年のことをつらつら思い返しております。
毎年感じる感慨ではありますが、年々、月日の経つスピードもアップしているようにも思われます。
みなさんは、年の瀬にあたりどのようにお感じになっていらっしゃいますでしょうか。

世相を見るに、あまり明るい話題もなかった1年でした。
“輝く”や“革命”といった勢いのある言葉だけがむなしく掲げられながら、しかし実感としてはますます閉塞感を深め、混沌としてきたように感じられます。
いつの間にやら、余裕というものをなくしてしまい、じっくりと物事に取り組むことも難しくなったような気もします。

とはいえ、理想を心に、一筋の希望の光を頼りに、歩みを進めていかなくてはと自らに語りかけ、決意を新たに新年を迎えたいと思います。

みなさま、本年1年ありがとうございました。
年明けからは、年度末に向けた作業が本格化します。
もちろん、新年度の活動についても検討し、計画を立てて、いずれ決まりましたらこちらでもご案内をしたいと思います。。
どうか今後とも、ちば菜の花、そして当ブログをよろしくお願いいたします。

大晦日は日の射さない、所により初雪が観測された寒い1日となりました。
どうかお体を大切に、良い年をお迎えくださいますよう、お願いいたします。